ヒカルランドあの世飛行士★木内鶴彦の大江戸タイムトラベル

ProducebyHIKARULAND&MAJOLICA

2019年5月12日(日)

木内鶴彦さんが臨死体験時に認識した歴史と、私たちが知る歴史とが相違していることは、木内ファンの方ならご存知のことでしょう。事実か真実か否かは別として、確かにありえるかも!と考えると、謎解きに挑戦するかのごとく、ファンタジーに満ちあふれ、わくわくした気持ちになります♪木内さんが「この人の知識半端ないよ!すごく面白い!」と、超イチオシしてくれた、民俗学・文化人類学・歴史学に精通し、国内各地を散策する、西岡勇治さん。西岡さんをガイドに、木内さんと一緒に日帰り探訪を開催いたします。時は、奇しくも5月12日(日)、新元号に変わった直後、江戸へタイムトラベルいたします★大奥は役所だった?!大奥の年収はいくらだった?!富くじ(宝くじ)の賞金がいくらだった?!、などなど、不思議でオモシロイ雑学を交えながら歩く、あの世飛行士・木内鶴彦の大江戸タイムトラベル★木内鶴彦ツアーに参加された方ならご存知の、突然記憶の彼方から言葉が飛び出す木内さんと、ぜひご一緒いたしましょう〜

江戸城周辺の地形などから、地理的・歴史的位置づけ、江戸城内の配置や大奥の暮らしぶりや役職、そしてその付近にある「平将門の墓」のミステリー等を、木内鶴彦さんと一緒に、現地散策をしながら考察します。また、そこに明治以降お住まいになられる方々についても、考察してみようと思います。さらに東京駅を境に、武家屋敷街と、庶民の商いの中心であった日本橋界隈にも視野を広げて、江戸の暮らしを考えてみたいと思います★ナビゲーター&ガイド西岡勇治

あの世飛行士★木内鶴彦の大江戸タイムトラベル

日程:2019年5月12日(日)

参加料金:1名様 20,000円

参加料金に含む:昼食代・ガイド代 ほか
参加料金に含まない:集合まで/解散からの交通費 ほか

募集人数:約15名

ナビガイド:西岡勇治 昭和29年広島県三原市生まれ。立正大学文学部社会学科卒業。立正大学大学院文学研究科社会学専攻修士課程修了(文学修士)。社団法人 福祉社会研究所入所(調査担当)。財団法人 富士社会教育センター入所(調査担当)。勤労者研修担当部長・総務部長・通信教育部長・研修グループリーダー・トータルコーディネーター、東北事務所事務局長・同所評議員等を歴任。定年後、暮らしと労働研究所設立(所長に就任)現在に至る。立正大学文学部同窓会会長・立正大学同窓会副会長就任。立正大学文学部同窓会会長・立正大学同窓会副会長就任。趣味は、民俗学・文化人類学・歴史学・宗教社会を楽しみ、国内各地を散策すること。

同行:木内鶴彦 1954年生まれ。長野県佐久市在住。彗星捜索家。地球生態系が維持される環境共生型の産業構造と経済システムを研究・実験することを目的とした「NGO GREEN GAIA」代表。臨死体験者としては日本を代表するほど有名で、22歳の時、大病で一度死亡を確認されるが、30分後に蘇生し、ジャーナリスト立花隆氏が、著書「臨死体験」の取材時、木内氏に「あなたのは臨死体験ではない、死亡体験だ」とまで言わせた特異な体験の持ち主。その死亡体験の時に意識体として「過去」「未来」を行き来し、その見て来た話は、我々の知る歴史を大きく覆すものがある。皆既日食観測のため訪れた中国でも、2回目の臨死体験があり、再度地球の過去と未来を見てきた。この30数年間、木内氏が語った未来の姿が、次々に現実化していく中で、クリーンエネルギーの実用化実験を進めるかたわら、我々人間が地球でどう生きるべきかをテーマに講演活動中。


集合時間と場所  :  AM10:00 地下鉄東西線竹橋駅1a出口より地上出たあたり

[行程]一橋徳川家屋敷跡 → 平河門 → 梅林坂→ 本丸(天守台)→ 松の廊下跡 → 富士見櫓→ 本丸休憩所にて休憩  → 二の丸展望台 → 中雀門  → 大番所 → 中の門 → 百人番所 →三の丸休憩所休憩にて休憩 → 大手門 → 平将門首塚(将門塚)→ 読売新聞本社前 → 常盤橋公園 → 常磐橋門跡 → 一石橋(八ツ見ノ橋)

13:00 昼食(レストラン紅花別館)→日本橋(南詰・北詰)→日本橋三越前→解散PM15:00頃


お申込は直接お電話かメールにてお願いいたします▶︎高島敏子まで

080-2382-1876   takashima.toshiko@gmail.com

お申込の際の必要事項▶︎申込人数 ・ 代表者のお名前 ・ ふりがな ・ 携帯番号 ・メールアドレス ・ 郵便番号 ・ ご住所 をお知らせください


⁂タイムトラベルキーワード⁂

江戸の地名の由来    

秩父一族 

江戸氏

江戸の歴史(地理)

平安時代の江戸

寛永天守(家光)

将軍と御台所 

大奥

吉原

歌舞伎

相撲

江戸の旅行

浮世絵

江戸の給料

日本橋    享保元年(1716)には日本橋を起点に東海道、甲州道中、中山道、奥州道中、日光道中の五街道の名称が決められた。東海道は、五街道の中でも最も重要な大動脈で将軍在所の江戸と天皇在所の京都を結ぶ道で、将軍を中心とした国家支配を強化する目的で整備された。江戸日本橋を基点として、京都三条大橋の間(品川宿~大津宿)五十三宿場126里6丁1間(496km)で結ばれている。道中には風光明媚な名所旧跡が多く、浮世絵・和歌・俳句などに取り上げられている。中山道は京都までの街道で信濃国木曽路を通るので民間では木曽街道と呼ばれていました。

参考図書:攻守とも最強の城だった江戸城、なぜ天守が残っていないのか?サライ編集部『サライの江戸 江戸城と大奥』で謎を読み解く 

キャンセル規定 イベント開始日の前日から起算して[ご出発の21日前から14日前:ご旅行代金の20%][ご出発の13日前から7日前:ご旅行代金の30%][ご出発の6日前から3日前:40%][ご出発の2日前:50%][ご出発の前日と当日:100%]